ファスティング

ファスティング【10の黄金律】

これから酵素ファスティングダイエットを、はじめようという方のために、ファスティングの効果を高め、ダイエットを成功へと導く【10の黄金律】を紹介します。
酵素食を摂りながら行う、からだに優しいファスティングなので、健康習慣のひとつとして、定期的に実践していきましょう。

 

準備食・回復食にこだわる

ファスティング前後の準備食と回復食にはとくに注意が必要です。
開始前日のタ食(準備食)とファスティング後の2食(回復食)は量を控えめにし、油っこい肉料理などの消化に悪いメニューは避けましょう。
ファスティング・アシスト食の「スルスルこうそ」をはじめ、果物を使ったジュースやすりおろした野菜など、胃腸に負担をかけないメニューを心がけましょう。

 

NGフードを避ける

白砂糖や肉・魚・卵・乳製品などの動物性たんぽく質、食品添加物といったNGフードは、酵素の大量消費や消化不良を招き、体内で腐敗すると免疫力の低下にもつながります。
またトランス脂肪酸や酸化した油などの身体に悪い油も酵素の大量消費を招くNGフードです。
ファスティング中はなるべくそれらの食品を避け、また日頃何気なく口にしている食品の成分表示をチェックしてみるなど、食生活の再点検を行いましょう。

 

【NGフード】
・白砂糖
・食品添加物
・肉・魚(動物性タンパク質)
・白米・白いパン・うどん(高GI食品)
・過酸化脂質・トランス脂肪酸
・生の植物の種

 

水を十分に摂る

酵素が生き生きと活動するためには水が欠かせません。人が尿や汗として1日に排出する水分量は約2.5リットル。
食事などで約1リットルの水分を補えますが、美容のためにはあと約2リットルの水を、なるべく常温で、10回以上に分けてこまめに飲むのが理想的です。
2リットルが難しい場合は、1リットルから始めて徐々に飲む量を増やしていきましょう。
水は水道水ではなくて、なるべく非加熱の高濃度水素水「ビガーブライト」など良質な水がおススメです。

 

生野菜や果物から食べる

食べる順番を意識し、よく噛んで食べましょう。
生野菜や果物、ぬか漬けなどの植物性発酵食品から食べ始めると、生の食材が持つ植物酵素が後から食べるものの消化を助けてくれます。

 

夕食は20時までに食べる

「食べてすぐ寝る」習慣は酵素の浪費や消化不良を招きます。
酵素を生かす完全無添加「優光泉」に従い、夕食はなるべく20時までに済ませましょう。

 

アルコールは控える

飲酒後はアルコールから生産される毒件のアセトアルデヒドを分解するために大量の高磯が消費されます。
ファスティング中は酵素を温存し免疫力を高めるため、アルコールの摂取を控えましょう。

 

空腹感を解消する

空腹でつらいときは、ひとまず水を飲んで空腹感を和らげましょう。
それでも空腹に耐えられないときは、すりおろした野菜や果物を摂っていただいても構いません。
固形物を摂りたい方には、栄養が豊富でカリウム、マグネシウム、鉄分、葉酸、食物繊維等が多く含まれている「毎日酵素ココナッツゼリー」がおすすめです。

 

芯から身体を温める

就寝時は「呼吸と代謝の時間」です。
就寝中の体温が少しでも高くなると免疫力や代謝アップにつながるため、夜は毎日の入浴や半身浴、足湯などで芯からからだを温めておき、就寝中の発汗(排出)を促しましょう。
金時生姜・黒酢と75種類の植物原料がギュッと凝縮された「酵素黒酢革命」の併用もおススメです。

 

良質な睡眠をとる

睡眠中は新陳代謝が活発になり、代謝酵素が働きます。
また翌日分の体内酵素を生産する時間でもあります。
そのため、毎日の睡眠時間として20時から4時までの「吸収と代謝の時間」を含む7〜8時間を確保するのが理想的です。

 

さらに結果を追求する

キツチンに常備する油や甘味料をファスティング中も使えるOKフードに切り替えたり、急な外食や飲み会対策のダイットサプリメント「カメヤマ酵母」を常備するなど、結果を出すための食品選びにもこだわりましょう。

 

 

seo栃木県相互リンク